眠れないときの解消方法

冬の間、夜布団に入っても、寒くて眠れないという人も多くいます。 人は体温が急激に下がるときに眠気を感じます。からだの表面、主に手足からの放熱が促され、一気に体温が下がることで眠くなるのです。しかし、寒くなると冷え性の人は、この体温調節が上手にできないため眠れないのです。

このような悩みを改善する方法としては、毎日寝る前に適切な体温調節をすることが効果的です。 38度から40度のぬるめのお湯に10分から20分ほど浸かり、一時的に体温を上げることで寝つきが良くなります。 さらに、お風呂に入ることで血行を促進し、リラックス効果もあり、副交感神経を優位にして体を休めてくれます。

その他の眠れないときの改善方法として、快適な室温を保つことです。 冬場なら、18度から23度が質の良い眠りのために最も適しています。 就寝後、2時間ほどはこの室温を維持するとよく眠れます。 自分が気持ち良いと感じる程度のストレッチもリラックス状態に導いてくれますので、 効果的です。

寒くてよく眠れない時は運動不足解消

冬になってくると寒くてよく眠れない時がありますが、その原因の一つとして冷え性があげられます。身体をどんなに暖房器具やお風呂などに入って温めても寝る時には身体が冷えてしまって眠れなくなり、とても辛いと思います。

そんな時は普段日中の忙しい業務などに追われて全く運動していない身体を思い切って動かしましょう。そうです。運動不足解消が冷えからくる睡眠不足には1番効くんです。 運動不足を解消して眠れないと毎晩悩んでいる気持ちを吹き飛ばしましょう。 1番オススメの運動は水泳です。

仕事帰りなどにジムなど市民プールなどに通い、水泳をさっそく始めてください。 だいたい1kmくらい泳ぐのがいいでしょう。水泳は全身の筋肉を使う有酸素運動なので、かなり効果的です。そして泳いだ後はかなり身体が疲れていますので、布団に入って目を閉じれば自然に眠くなります。これで、眠れないと悩む日々とはさよならです。是非、水泳を始めて快適な睡眠生活を送りましょう。

寒くてよく眠れない時にはお風呂が効果的

核家族化や一人暮らしの人が増える中、多くの人は入浴方法をシャワーのみとしています。浴槽にお湯をためるのには、たくさんの水道代やガスもしくは電気代がかかってしまいます。そのため、経済的な節約を考えてそのようにしているという場合もあります。

また、忙しくて、入浴やお風呂の掃除を短時間で済ませたいという人も少なくはありません。確かに、少人数の世帯では、お湯をためないことによって、節約になります。しかしながら、現代人の多くは不眠などの悩みを持つ人も多いです。

仕事や学業の悩みや疲れからあまり眠れないというパターンもありますが、体が冷えていて寝付けなかったり、質のいい睡眠をとることができなということも考えられます。そのように、寒さなどを原因によく眠れない人は、お風呂の入り方を改善すると、良質な睡眠をとることも可能になります。浴槽に40度前後のお湯をためて、15分ほど体を沈めることによって、眠れないというつらさから解放されることが多いです。

眠れないときの解消方法

冬から春にかけて夜は冷え込み、体が冷えて眠れない、という人は少なくありません。夏でも冷えるという人もいます。寒くて眠れない場合には厚着をすればいい、と考える人もいるかと思いますが、これは熟睡のためにはあまりよくありません。

生地が分厚い素材だっったり着込み過ぎていたりすると、スムーズに寝返りがうてず、肩こりや疲れが残ってしまう場合があります。睡眠中に無意識に寝返りを打つのを制限してしまうとぐっすり眠ることができないのです。また、汗が蒸発しにくくなり、身体の熱が発散されず寝苦しくなるので、パジャマは薄手のほうがいいでしょう。

寒くてよく眠れないのを解消するには、寝る一時間前くらいから湯たんぽや電気アンカを布団の中にいれておくと、布団全体がぽかぽか温まり熟睡しやすくなります。寝るときには足元に移します。 ほかにも生姜湯を寝る前に飲むと血行がよくなって体が温まり安眠しやすくなります。寝つきが悪い人は冷え性で肩こりもちの人が多いといわれます。まずは体を温めるようにしましょう。 寝つきの悪さ解消には、安眠しやすい環境をつくるところから始めましょう。

寒い冬でよく眠れない時には

冬は寒さがとても厳しい季節です。 夜になると昼間より一層冷え込んでくるのでなかなか眠れないという人も多くいます。 寒い冬によく眠れるようにするには、自分の体を温めることが重要です。 体を温めるにはお風呂に長く入ったり、生姜など体を温める作用のある食べ物を摂取することが必要です。

ただ部屋を温めるだけでは夜中気温が下がった時に起きてしまい、それから寝付けなくなってしまうということも起こってしまうので、あまりおすすめできません。 体の中から温めることで、朝までぐっすりと眠れるようになるのです。

体を温めるために、寝る前にホットミルクを飲むということもとてもおすすめです。 温めた牛乳にはリラックスできる効果もありますので、体を温めると同時にリラックスすることもできるのです。どうしても眠れないという時におすすめです。 寒い冬は眠れないという人が増える季節でもありますので、自分に合った方法でうまく寝つけるように工夫することが大切です。